シーレックス株式会社

RECRUITキャリア採用情報

HOME 採用情報 キャリア採用情報 転職リポートNo.3

転職リポートNo.3入社年:2006年4月 職種:品質保証

上司のアドバイスに背中を押され、
産休制度を活用後、職場復帰

1年2カ月の産休を終えて、今年6月に職場復帰しました。部署は以前と同じ品質保証課ですが、業務は少し変わって、ISO推進課になりました。シーレックスで取得したISOの維持活動として、仕組みを整えたり、審査準備として書類の整理や管理を行っています。製品の品質や労働環境の安全を保つために最良の工程を設計するわけですが、適切なマニュアルや規程類を作成したり、分かりやすく手順書に起こすといった作業もあり、モノづくりの手助けになればと思って仕事しています。

いかに効率よく作業を進めるか
周囲の協力に感謝しながら模索する日々

復帰後は1年間の時間短縮勤務制度を活用しています。子供を産んで、生活はもちろんですが、会社で働くときの気持ちにも大きな変化がありました。それまでは残業も自分の時間として使えたけれど、子供ができると家族優先ですから、まず、どうすれば残業しないで済むかと考えるようになります。細かい作業は、面倒でも自分が手間をかけてやればいいと思っていたのが、そうはいかない。今は、いかに効率よく進めて無駄を省くかを考えるわけです。上司にも何度も提案するようになりました。お互いの意見を出し合い、ときには真剣に説得し、提案した方法が実現できるかどうか、それとも違うやり方を模索できないかと、本当にいろいろ考える毎日です。時短勤務が終わる1年後に、どれだけ働きやすい職場になっているか。それまでには、時間配分のしかたを少しでもいい方向に改善しておかなければいけないと思っています。

 

派遣時代を含めると、シーレックスで仕事をしてもう10年以上になります。その間に、結婚、出産を経験し、私にとっては勉強の場であり、社会人として、生活者として成長させてくれたかけがえのないホームグラウンドです。もともとアットホームな社風で、家族のように親しく接してくれる人も大勢います。以前は子供ができたら辞職してしまうという決断のほうが圧倒的に多かったはずですが、これからは、出産してもシーレックスで働きたいという人が増えてくるでしょう。そういう選択ができるのは本当にいいことだと思います。ただ、その分大変なことも多い。周りの方の協力がなければ、立ち行かなくなってしまうのです。もちろん、今までもいろいろフォローしてもらいながらやってきましたが、時間を自由に使える分、自分中心に物事が回っていたような気がします。今は違う。時間内で効率よく仕事を終わらせるために、どうすれば周囲の人たちに気持ちよく協力してもらえる状態をつくるかを第一に考えるわけです。すると、いろいろなことに感謝して取り組めるようになりました。産休は、自分自身が変わるチャンスでもあったんですね。この気持ちを忘れずに、時間はかかっても、あとに続く女性社員のための新しい協力体制を整えていくことも、今の私の役割なのかもしれません。